« 塑造2016 | メイン | 素描紹介 »

2018年01月23日

●雪にも負けず、インフルにも負けず。

金太郎クラスです。

9hで手とロープの構成課題をしました。

手らしく、ロープらしく、その二つが絡むことで生まれる空間。

自分のイメージ通りに近づける中でもっと良い構成を思いつく事もあります。

臨機応変さが道を開くこともありますね。


R.Tさんの構成

2018122IMG_8075

ハッとする空間が生まれましたね。スッキリと見えながらも、回してみると色々な表情が垣間見られます。ロープの密度も上がり説得力を感じます。良い調子です!!

M.Oさんの構成

2018123IMG_8079

ゆるませたロープの具合、ぽんぽんぽんと弾むような3つの手、造りの密度と構成の絡みが程よくいきましたね。よい印象を感じます!!


マグロクラスはジョルジョのデッサンでした。
全体的には密度のある画面が増えてきましたが、もっと光と空間のきれいさに反応したいですね。プロポーションや構図でもスキを見せないように!!
一点紹介します。
M.Uさん
2018_01_23IMG_8084.jpg
正面からのジョルジョは難しく中々良い作品が出ませんが、このデッサンは印象も構造の理解も良いレベルだと思います。
一つ一つの面の向きがよく表現できていますね。


2018年01月12日

●ゲッターマグロクラスの友人像&先生像

マグロクラスは友人像でした。
一人先生像を造った学生がいますが。。。

12hかけて大きくやりとりし、モデルである友人の特徴を掴んできました。
胸像制作は首像とはまた違ったやりとりが求められてくるので、自然と大きな見方ができてきますね。
今日はたくさん秀作が出たのでご紹介していきます。
最後は小川先生のデモスト作品もあります。

T.Kくん
2018_01_12IMG_8002.jpg
小川先生を造りました。厳しい眼差しと普段の動きがしっかり表現されています。

M.Uさん
2018_01_12IMG_7998.jpg
スッキリとしたシルエットの中に柔らかい表情が生きていてスッと見えてくる作品です。

T.Iさん
2018_01_12IMG_8007.jpg
ちょっとした傾きや表情からモデルらしさを自然と出しています。

M.Hさん
2018_01_12IMG_8013.jpg
何気なく動いている視線や動きが全体にマッチしていて柔らかいタッチの作品になっています。

E.Hさん
2018_01_12IMG_8014.jpg
堂々としたモデルのイメージを全面に表現し思い切った動きが功を奏しています。

S.Hさん
2018_01_12IMG_8024.jpg
カッチリとベースを押さえた中に微妙な動きを織り交ぜて変化を与えています。

T.Mくん
2018_01_12IMG_8026.jpg
モデルの佇まいを最初から掴んでいてトータルにまとめ上げてきました。

小川先生
2018_01_12IMG_8018.jpg
表現のメリハリや形の表現、シルエットの選び方など参考になる部分が多いですね。


いよいよ明日と明後日はセンター試験ですね!
会場の場所、持ち物、集合時間など今日のうちにしっかり確認して、早く寝ましょう!
健闘を祈ります!!!

2018年01月07日

● 芸大模擬試験!

冬季講習後期は、本番さながらの芸大模擬試験でした!
実際の試験のスケジュールに沿って行われました。

まだまだ全体的にレベルを上げていきたいですね。
上位作品を紹介します。

デッサン

S.Hさん
2018_01_07_IMG_7960.jpg
ヴィーナスの印象を確実に捉え、完成度の高いデッサンですね。

塑像

T.Kくん
2018_01_07_IMG_7973.jpg
もう少し締まりが欲しいですが、動きをきちんと組み立て印象の良い模刻になりました。

T.Iさん
2018_01_07_IMG_7976.jpg
ブルータスの軸を確実に捉え、安定感のある作品ですね。

センター試験がもうすぐです。
体調管理をしっかりしながら頑張っていきましょう!
冬季講習お疲れ様でした。

2017年12月30日

●中期 最終課題

今日は冬季講習会中期、そして2017年の最後の課題でした。
Aクラスの課題は「手を自由に彫刻しなさい。」でした。入試本番を意識して落ち着いた実技が増えてきましが、元気は損なわずにいきたいですね。
そんな中で目立っていた実技を紹介します。

R.Fさん
2017_12_30IMG_7933.jpg
決して派手な構成ではないですが、絶妙な力加減や、作者の意志まで伝わってきそうです。

M.Nさん
2017_12_30IMG_7937.jpg
作り出しから安定していました。影や空間がきれいですね。

M.Yさん
2017_12_30IMG_7929.jpg
自然と目線が指先に持って行かれます。それによって生まれる緊張感は、作品全体をまるで生き物がそこにいるような静かな空気で包んでいます。クールですが力強い作品ですね〜、カッコイイ!!

年明けからが勝負です、地元に帰る学生の皆さんもしっかり頑張ってください。
センターもね!それでは皆さん、良いお年を!!

2017年12月29日

●Cクラス 手の塑造!

Cクラスは手の塑造でした。身近なモチーフなので日々クロッキーなどしていきたいですね。
2点紹介します。

A.Mくん(講習会生)
2017_12_29IMG_7892.jpg
しっかりとした手の構造、密度のある作り込みなど安心して見ることのできる秀作ですね。

M.Hさん
2017_12_29IMG_7896.jpg
柔らかい手の構成と作り込みで良い作品になりました。

あと1課題、頑張っていきましょう!

2017年12月28日

●講習会名物ガワレース!!

今日は講習会の風物詩、O講師主催のガワレースが開催されました。
講師と生徒がガチで勝負する有志コンクール、今回こそO講師は一位に輝くことができたのでしょうか!?
結果はこちらです!!

一位のM.Uさん、おめでとうございます!
2107_7867.jpg

やっぱり二位のO講師、さすがです!(笑)
2107_7859.jpg

三位は同点で二人います。

M.Sくん
2017_7862.jpg

S.Hさん
2107_7863.jpg

中期も残り2課題、盛り上がっていきましょう!


2017年12月23日

●冬季講習中期が始まりました!

新たに外部生も加わり3クラスに分かれての制作となりました。
本日のCクラスはガッタメラータの模刻です。
軸はシンプルな傾きですが量感があります、表情までバチッと決めるのが時間的に厳しいですね。
いかに前半の粗付けでモチーフの印象に近づけるかが鍵になります。
1点紹介します。

M.S君
2017_7704.jpg

前半からハイペースで進行していました。
精度があり手数も多く充実した内容でしょう。
しかし、ちょっとした筋肉や骨の表情や質感が作品の緊張感を最終的に決めますので、遠目の印象もしっかり合わせるように。
よろしく!


2017年12月21日

●ゲタ模刻!

今日の夜間二次対策コースはゲタの模刻でした。落ち着いた動きの中に、微妙なねじれや強い表情などが入っていてなかなか難しい像ですね。
アイザック先生が約4時間ほどデモンストレーションしてくれました。アトリエでの動き方や粘土の止めていき方など参考になりましたね。
2017_12_21IMG_7682.jpg

明日はゆっくり休んで、また中期から気合い入れていきましょう!

2017年12月01日

●自主課題 大型模刻!トルソ!

2学期も終盤です、浪人生は自主課題も精力的にこなしています。
今回は通常の授業では作らない大きさの作品に挑戦した2点の力作を紹介します。

S.Hさん
2017_2436.jpg
石膏像の中でセントジョセフは最大級の量感ではないでしょうか。
頭部の強い前傾の動きも芯棒がしっかり組めないと重さに耐えきれず傾きが違ってきます。
厳しい目とバランス感覚が無いと全体像もなかなか合いません。
根気のいる作業だと思いますが夜間部の時間、3週間余りで仕上げてきました。
しっかり実力がついてます、自信が確信に変わる1作品ですね!


2017_2439.jpg
自刻像トルソです。
ここ最近、彼が出会った巨匠の彫刻作品に刺激を受けて制作が始まりました。
まだ足りないところが多い作品ですが、感動やら衝動が前面に出ています。
時期的に受験モードに陥りがちな中、このダイナミックな捻れに挑む姿勢はとても頼もしく思えます。
今後もこの強い欲求を大事にしてくださいね!

●模刻 石膏像色々

普段の課題であまり制作しないもしくは見慣れない像を作る事によって、どれだけ実力がついているか測れるというものです。

今回は金太郎クラスから4点でました。

M.Tさん
2017_2441.jpg


R.A君 
2017_12_2429.jpg


K.D君 
2017_2430.jpg


A.M君
2017_2433.jpg

明日から学期末のコンクールです!
ここまでの集大成がしっかり出せるよう集中して取り組むように!