« 塑造2018 | メイン | 素描紹介 »

2020年07月08日

●学期末コンクール!

今日は5日間続いた1学期末コンクールの最終日でした。デッサン・塑像・素描の3種目で行われました。今年はオンライン授業で一年がスタートしたので、どばたのアトリエで受ける本格的なコンクールはこれが初です!デッサンと塑像はどちらも12hの制作時間でしたので上位にはレベルの高い作品が並びましたね。それぞれ紹介していきます!

デッサン1位 M.Aくん
2020_07_08_1575.jpg


2位 K.Sくん
2020_07_08_1576.jpg

3位 R.Tさん
2020_07_08_1577.jpg

4位 T.Mくん 
2020_07_08_1578.jpg

5位 Y.Kくん
2020_07_08_1579.jpg

6位 H.Yさん
2020_07_08_1580.jpg


塑像1位 Y.Sさん
aランクが付きました!
202007_08_y.s.jpg

2位 Y.Uくん
2020_07_08_y.u.jpg

3位 H.Sさん
2020_07_08_h.s.jpg

良い雰囲気になってきました、この調子で夏期講習も頑張ってください!

2020年07月04日

●夜間部 アバタ模刻

夜間部では3日間アバタ模刻でした。 
みんなしっかり目線を変えたり、体を動かして確認してましたね!先週の粘土クロッキーの成果が出てると思います。

そんな中、作品として完成度が上がってきたのが出ました!
2点紹介したいと思います。

R.Iくん
2020_07_04_IMG_1572.jpg
粘土の色味に魅力が出てきました!髪の毛の描写が良いですね!


Y.Kくん
2020_07_04_IMG_1570.jpg
粘土付けが形になってきました!顔の印象も良いですね。

夜間部は来週からコンクールですね!頑張りましょう!

2020年07月02日

●Aクラス 構成塑像

今日は手と石膏マスクの構成塑像でした。

H.Yさん
2020_07_02_IMG_1563.jpg

作り込みが明快で2つの関係がが見やすいです。シンプルな構成ですが指の隙間の見え方がきれいで単調に感じさせませんね。

2020年06月25日

●動物クロッキー2日目

動物クロッキー2日目です。
昨日よりもバランスよく進められているものが増えてきました、しかし短時間で作るからこそ足や顔を後回しにせず初めから決めにいくような仕事が欲しいです。
動物は時間をかければいいものが出来るわけではなく、むしろ短時間で捉えていくのが動物では大事です。骨格や筋肉、羽の質感など気にしながらいきいきした動物を目指していきましょう!
今日のクロッキーです。

後半になるにつれ良いクロッキーが増えてきました。
今日の秀作を紹介していきます!

そしてこちらは地平先生とアイザック先生のデモンストレーションです。
2020_06_25IMG_1491.jpg

2020_06_25IMG_1509.jpg
短い時間の中で大事なポイントをしっかりと抑えてあります、参考になりますね!

K.Sくん
2020_06_25IMG_1514.jpg

もう一枚
2020_06_25IMG_1471.jpg

さらにもう一枚
2020_06_25IMG_1477.jpg

S.Sさん
2020_06_25IMG_1474.jpg

H.Yさん
2020_06_25IMG_1475.jpg

Y.Uくん
2020_06_25IMG_1481.jpg

R.Tさん
2020_06_25IMG_1499.jpg

R.Iくん
2020_06_25IMG_1493.jpg

Y.Sさん
2020_06_25IMG_1497.jpg

R.Nさん
2020_06_25IMG_1505.jpg

もう一枚
2020_06_25IMG_1517.jpg

Y.Kくん
2020_06_25IMG_1520.jpg

2020年06月24日

●動物レクチャー&クロッキー

今日は昼間部も夜間部も動物レクチャーをして、バランスや重心の話から骨格まで基礎的なところを話していきました。
鳥の種類ごとにバランスが大きく違うので知識として知っておくといいですよね。
基礎知識をつけた後、粘土を使ってクロッキーしましたが粘土を大きく動かすこと、足を使って様々な角度から観察することが大切です!

デモストの様子
2020_06_24_1443.jpg

講師デモスト
2020_06_24_1464.jpg

Y.Kくん
IM2020_06_24_1459.jpg

S.Mくん
2020_06_24_1461.jpg

明日もクロッキーです!頑張ろー!!

2020年06月22日

●粘土クロッキーレクチャー

今日は粘土クロッキーレクチャーでした。
モチーフの動きやバランス、印象を短時間で捉えていくために思い切って大きく粘土を付けていくこと、足を使っていろんな角度からの確認の両方が必要ですね。

2020_06_22_IMG_1391.jpg
アイザック先生によるデモンストレーション


2020_06_22_IMG_1392.jpg
約30分での制作です。


夜間部でもレクチャー

2020_06_22_IMG_1397.jpg

2020_06_22_IMG_1401.jpg


粘土クロッキーは明日も続きます。体力的に大変な課題ですが、しっかり体を動かして粘土を動かす感覚を覚えていきましょう!!

2020年06月13日

●ジョルジョ模刻

模刻レクチャー後の課題はジョルジョの模刻でした。

Y.Sさん
2020_06_13_IMG_1324.jpg

基本的なことをしっかりと押さえつつ、自然な印象で作れていますね。さすがです!

2020年05月26日

●塑造 手と水袋

『手と水を入れたビニール袋を彫刻しなさい』という課題でした。
この課題では手のプロポーションや骨格を大事にしていきながら水袋との関係を見ていきたいです。手にどのくらい力が入っているのか、手がある事で水袋の形がどう変化していくのか観察していき、質感の差や造り込みの差によって見る側の視線を誘導していく事もできます。
どういう狙いなのかを明確にしていく事が大事ですね。
今回は芯棒を使わなくてもいいという課題だったので平面に対しての水袋の関係も見ていきたいです。

では作品を紹介します。

M.Mさん
2020_05_26_%E7%94%BA%E7%94%B0.jpg
水袋の質感や形が良く観察できています。手との関わりも自然で良いですね。手の中での質感の差が出来てくるとより良くなると思います。