« あずかり作品2020 | メイン | その他 »

2021年04月14日

●骨格レクチャー 〜骨から筋肉〜

骨格レクチャーを活かして頭蓋骨を作り、さらにその上に筋肉をつけて行きました。
初心者の人は基礎知識として少しづつ覚えて、経験者の人は改めて確認ができたかと思います。

2021_04_14_IMG_3952.jpg

普段は中身は見えませんが
「ここにこんな筋肉が入ってるんだな〜」
「骨がこう入っているから、ココとココはこうなるんだな〜」
と思いながら見てみると、人がどんな風に動くのかが理解できてきますね!


筋肉をつけた状態で秀作がありましたので紹介します

R.Iくん
2021_04_14_IMG_3961.jpg


明日はこれを元に友人像を作って行きます!

2021年04月04日

●春期講習 彫刻表現コース!

彫刻表現コースでは今年も大型の塑造に取り組む学生が多くいました。
春期講習はじっくりと自分の課題に取り組むことができるので毎年レベルの高い実技がでてきます。
今年も大型模刻や等身の人体像や大型動物から、恐竜の頭蓋骨まで例年に比べて振り幅がありました。
いい実技になったので紹介します!

R,Nさん
2021_04_04_IMG_3891.jpg
描写に苦手意識を持っていた作者ですが、あえて仕事量の必要な石膏像を選び、しっかりと作りきることで自信になったと思います。観察のレベルが上がり顔もにています。よく頑張りました!

Y,Mくん
2021_04_04_IMG_3885.jpg
体の張りがかっこいいです。動きを意識して手を動かせているので形の張りに説得力があります。
頭部の作り込みもいいレベルまで出来たので頭部のベースの形もよく見えてきます。

M,Sさん
2021_04_04_IMG_3882.jpg
馬頭の持つ独特な歪みや形の違いをよく作れました。形の張りや反りをただ作るだけではなく全体感を意識しながら細部の作り込みが出来ているのでとても見やすい実技になりました。

S,Mくん
2021_04_04_IMG_3893.jpg
作り込むのも大事ですが最後まで間違いを修正するのもとても大事です。この実技は作りこみをしながら最後まで修正をしていたので時間が経つにつれてどんどんあってきました。いい経験になったと思います。

R,Iくん
2021_04_04_IMG_3897.jpg
2021_04_04_IMG_3905.jpg
熊の全身を作りました。序盤は量の重さに苦戦しましたが最終的には粘土の表現や形の豊富さなどいいところが見えてきます。なかなかのチャレンジでしたが楽しんでつくれたので粘土もいきいきしていて見栄えがしますね。

G,Sくん
2021_04_04_IMG_3896.jpg
スピノサウルスの頭蓋骨です。恐竜がすきな作者らしく楽しんで作れました。まだまだこだわりを入れてもいいと思いますよ!

2021年04月02日

●ヘルメスデッサン

彫刻総合コースです
今回は一点預かりが出たので紹介します!
2021_04_02_3881.jpg
見上げの印象が良く出ていて綺麗な空間ですね!

2021年04月01日

●S.t,ジョセフ

自然光の中、ジョセフに挑んだY.Kくん。
2021_04_01_IMG_3880.jpg
嫌味のないスカッとした印象を受けますね。かっこいい完成のイメージがこちらにも伝わってきます!いいぞ!!

2021年03月27日

●春季講習 オンラインコース

春季講習ではオンラインのコースで受講している学生もいます。
秀作が出たので紹介したいと思います。

Y.Aくん(現役講習会生)
2021_03_27_online.jpg
ミロビのスケール感を上から下までしっかり捉え、描いています。
吸収力がいいです!