●自画像コンクール彫刻科順位

本日、全科合同自画像デッサンコンクールの結果発表がありました。
残念ながら彫刻科の作品は上位3点には選ばれませんでした。。。

期待はしておりましたが、頑張っているのは彫刻科だけではないので仕方ありません。。。
しかし銅賞が中学生なのには驚きました。。確かに良いデッサンですね!人柄まで伝わってくるような。。。
なんか彫刻科としても学べるところがある気がします。

さて、ちょっと時間はかかってしまいましたが、せっかくみなさん頑張って描きましたので、彫刻科内でのベスト10を発表します!
全作品を全講師が見て、それぞれの講師が1位から5位まで決めました。
その集計で順位が決まっています。

1位の作品
2020jigazou01.jpg
力強く、しっかりとした意志が感じられるデッサンです。タイトルが「未来を見据える」となっています。1年後が楽しみな作品です!

2位の作品
2020jigazou02.jpg
タップリと炭がのり人としての厚みを感じます。

3位の作品
2020jigazou03.jpg
さらっと描いていますが、力が抜けた自然な表情が魅力です。身体の厚みがちょっと弱いのが惜しいところ。

4位の作品
2020jigazou04.jpg
正中線のズレなど気になる点もありますが、自画像としてのメッセージの強さはとても魅力的です。

同率5位の作品
2020jigazou05_1.jpg
彫刻的には少し立体感の弱さなどありますが、引き込まれるような表情と絵的な魅力のある作品です。

同率5位の作品
2020jigazou05_2.jpg
もう少し手数が欲しいところですが、自然な色調、視点、光がかみ合っている作品ですね。

7位の作品
2020jigazou07.jpg
気合いを感じる完成度の高い作品ですね。良い姿勢です。手前の肩の表現がまだハマっていない感じが惜しいです。

8位の作品
2020jigazou08.jpg
とてもよく観察した秀作です。光の感じが自宅ならではの魅力となっています。首と僧帽筋が少し単調なのが惜しい。

9位の作品
2020jigazou09.jpg
この作品も強いですね。目に力があります。そういうの大事。顎を突き出している時の顔の奥行き感にまだ違和感があるのが惜しいポイントです。

10位の作品
2020jigazou10.jpg
これも気合いの入った作品ですね。ガッチリ描きに行っているところはとても良い。左右の調子が似通ってちょっと人肌っぽくなくなってしまったのと、左右の目の高さにちょっと違和感があるのが惜しい。

それぞれ、今後どうなってしまうのか難しい時期に自宅で自分と向き合いながら描いた自画像ですから、多分数年後に振り返った時に、きっととても記憶に残る作品となったのではないでしょうか。大切に保管してください。


2020年05月20日

●夜間 静物素描

夜間部も3日課題で、「布を被せた箱の上に野菜or果物」でした。

だいぶ静物素描というものを掴んできたように感じます。
状況の説明はもちろん、質感や固有色にも迫れた3点を紹介します。

F.Sくん
置かれた状況がスッと見えてきます。床はもっと丁寧に!
20200520_002.jpg

R.Kさん(高校2年生)
すごく丁寧に見ています。カボチャの日が経った感じまで伝わってきますね!
20200520_001.jpg

Y.Mさん
きれいなトーンで固有色が表現できています。床面もしっかりしています!
20200520_003.jpg

明日からは塑造です。久しぶりの塑造なので楽しんでいきましょう!

2020年05月19日

●静物素描 Bクラス

追加でBクラスの素描も紹介します。

2点です!

S.Iさん
2020_05_19_%20%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E6%B8%85%E8%8A%B1.jpg
物がカチッと描けてきました。床の仕事はより求めたいです。

K.Mさん
2020_05_19_%E5%AE%AE%E5%B2%A1%E3%81%93%E3%81%AE%E3%81%8B.jpg
連続アップです。派手な画面ではないですが空間がスッキリと描けています。

全体に自然な画面になってきていますが、床面の仕事や質感の描き分け、モチーフの比率など求めたい所はまだまだあります。頑張っていきましょう。

●昼間部 静物素描

今日は「布を被せた箱の上に野菜か果物を置き、素描しなさい。」という課題でした。

素材の質感や色味の描きわけが大事になってきますね。


1点紹介します。

M.Aくん
2020_05_19_CA011-%E7%A7%8B%E8%B0%B7%E6%9C%9B%E6%9C%88.jpg

色の差が分かりやすく、鮮やかに描けていますね。描写もしっかりされているので空間がすっきり見えてきます。

2020年05月16日

●夜間部 自宅課題!空間素描

今日の夜間部は部屋に直径1Mの穴を開ける空間素描でした!もちろん自宅で!
今日は2点紹介します。

Y.Mさん
2020_05_16_%E6%9C%9B%E6%9C%88%E5%84%AA%E7%BE%8E.jpg


M.Mさん
2020_05_16_IMG_9988.jpg

2点ともパースが自然で空間も感じます。良い素描ですね。

●昼間部デッサンコンクール!

彫刻科ではリモート授業初のデッサンコンクールを開催!
提出された作品をオンラインで講師が採点し、講評をしました!!

課題は
「指定されたモチーフを使って、広がりまたは重なりのある空間を構成し素描しなさい」

構成要素も取り入れた課題です。
ここまでのおさらいが出来たでしょうか?

本日はAA評価のついた3点を紹介します。

C.Uさん
2020_5_16_1.jpg
床面からのモチーフの立ち上がり、空間の見せ方が気持ち良く出せています!

K.Mさん
2020_5_16_2.jpg
ベースが少し弱く感じますが、それぞれの質感やペットボトルの映り込みなど飛び抜けた表現があります!

Y.K君
2020_5_16_3.jpg
まるで建築を見ているかのようなスケール感!重量感!!
目立ちました!!!


来週からは塑造課題もありますね、頑張りましょう!

2020年05月14日

●空間素描

今回は自宅の室内空間を素描する課題でした。
さらに室内のどこかに直径1mの穴を想定して開けなさい、という条件があります。


2点紹介します。
どちらも室内の状況や窓から差し込む光が自然に描けていますね。


A.Aさん
2020_05_14_IMG_4026-2.jpg


S.Sさん
2020_05_14_%E3%83%86%E3%82%99%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3.jpg

2020年05月13日

●夜間部自画像!

夜間部も1学期が始まって2課題目。
「見上げか見下げのどちらかの目線で自画像を描きなさい」でした。
レクチャーを踏まえたからか、見方が複雑になったように思います!
今日出た2点の秀作を紹介します。

2020_5_009.jpg
片側の光線を取り入れながらしっかり量で捉えています。
質感も豊富で良いレベルに仕上げてきました!
眼球や前髪の下面まで立体感が出せると更に良いです。

2020_5_002.jpg
見上げの視線で堂々と描いていますね。
頬骨やあごの骨の硬さ、髪の毛の回り込みなど良い表現で見せ場があります!
体や首にねじれが出るとより動きのある絵になりますね。

2020年05月12日

●新学期2発目!

今回は
「見上げか見下げのどちらかの目線で自画像を描きなさい」でした。

視線の方向を変えた捉え方に皆チャレンジしていました!
まだ骨格、構造面で怪しさは残るものの、良い絵面で描けていたのではないでしょうか。

Aクラスからは3点の秀作です。

2020_5_12_012.jpg
繊細な表現が目を見張ります、もう少しでそっくりなレベルの絵になりそうですね。
首付きを頑張りたいです!

2020_5_12_025.jpg
この目力に吸い込まれそうです。
首の軸の捉え方がもう少し見えてくるといいでしょう。

2020_5_12_018.jpg
立体としての構造がしっかり組まれています。
もう少し色味や質感の魅力が出せるといいですね。

明日は空間素描ですね、課題も一ひねりあります。
頑張ってください!!

2020年05月09日

●新学期一発目!!

ようやく一学期もはじまりました。家庭での実技ですがみんな頑張ってますね。

しかし素描が芸大の試験から無くなって数年たちますが、素描力の低下を感じてしまいます。
素描力とはものの特徴を短時間で捉えなければいけないので、どう物を捉えているかどこを見ているかがダイレクトに画面に出てきてしまいます。
素描力を上げていけばしっかりとした物の見方がつくので塑造やデッサンにも応用できるはずです、家庭での実技ですが頑張って行きましょう!

今日はBクラスから2点紹介します

R,Tさん
2020_05_09_377747001940797.jpg
良い熱気です、それぞれの質感もいいですね

K.Mさん
2020_05_09_390886551749729.jpg
無駄なくスッキリと空間が描けています