2018年08月21日

●後期がはじまりました!!

後期のはじめはブルータス!!

知名度抜群のモチーフですね。知っているからこそ、さらに探求の目で見てほしいです。

Cクラス

M.Tさん(講習会生)
2018_08_21IMG_5166.jpg
形を決め付けてはない自然さは良いですね!描き手の目の良さを感じました。
見切ると、決め付けるは違う事がよく分かった一枚です。感心〜

Aクラス

M.Uさん
2018_08_21_IMG_5171.jpg
もう一押し描写はしたいところですが、安定した組み立てができています。

Dクラス

R.Iさん(夜間部現役生)
2018_08_21IMG_5170.jpg
印象の良い作品ですね。顔がかっこいいです。
横位置なので量感の表現など難しいですが、空間もしっかりとらえてきています。

Y.Yさん
2018_08_21IMG_5169.jpg
炭幅が広がりデッサンに奥行きが出てきました。癖も抑えられているのでこの流れを維持していきましょう。

T.Aさん
2018_08_21IMG_5168.jpg
後頭部からの難しい位置ですが、粘り強く観察し普段より深みのあるデッサンになりました。この調子でいきましょう!

2018年08月18日

●第一回目カイレース!!

中期最後のデッサン課題、円盤投げでK.O講師主催のカイレースが開催されました。
かなりの人数が参加して熱気ムンムンでしたね。レースは学生・講師入り乱れての真剣勝負です、講師陣もかなり本気でした。結果はどうでしょう、こちらです!


一位 K.O講師
2018_08_18IMG_5162.jpg
6時間という短い時間でしたが、言い切りが強く目立って見えました。さすがですね!
◎主催者コメント「まだまだ学生には負けないよ、いつでもかかっておいで!!」


二位は同率で二人います。

二位 M.H講師
2018_08_18IMG_5163.jpg
逆光の中でのピントの合いや形の強さは流石ですね、一位のより正確かも。
◎作者コメント「この程度のデッサンで二位かぁ。。。みんなまだまだやなぁ」


二位 A.Yくん
2018_08_18IMG_5160.jpg
描き出しから印象をつかんで攻めてましたね〜、おしい!

次回開催まで、みんな特訓じゃ〜!!

●円盤投げデッサン!

Bクラスの中期最後の課題は円盤投げデッサンでした。

3点紹介します。

E.Fさん

2018_08_18IMG_5158.jpg

冴えた色味と描写が良いですね。遊脚がもう少し描けるといいですね。


S.M君

2018_08_18_IMG_5154.jpg

言い切りの強さが絵の魅力に繋がってきましたね。さらに精度を上げていきましょう。


M.Aさん

2018_08_18IMG_5157.jpg

じっくり観察して円盤投げらしい形が描けています。頭部の印象がさらにはまるといいですね。

●構成課題

こちらCクラスです。

本日は中期最後の課題でした。

マスクとレンガと布の構成です。構成力、それを実現させる芯棒、そして模刻力と素材の質の違いの表現。最終的には完成させる責任感が結果を左右します。

M,Nさん
2018_08_18_1_MG_5141.jpg
御者の印象良いですね!品を感じます。高く斜めに掲げたレンガ、そこも見せ場になってます。

H,Sさん
2018_08_18_1_IMG_5153.jpg
こちらも御者の印象良かったです。布、レンガの組み立ても安定してますね。厚みのある実技になってきました。

J,Tくん
2018_08_18_IMG_5146.jpg
構成がおしゃれですね〜 布の表現をもう少し粘れれば、ぶっちぎりの雰囲気あります。

Y,Eさん(講習会生)
2018_08_18_IMG_5148.jpg
パッと目を引く構成。抜けの空間が特に良いですね! 布の扱いも神経使ってます。


そしてAクラスです。

T.Sくん(現役夜間部生)
2018_08_18_IMG_5139.jpg
12時間の中で高いレベルまで作り込みをしてきました。攻めていて良いです!

中期お疲れさまでした。後期もがんばろう!!

2018年08月16日

●円盤投げデッサン!

Aクラスは中期最後のデッサン課題です。

円盤投げはスケール感もさることながら、ねじれの動き、重心も気にして捉えていきます。
筋肉の質感など描写の要素もあってなかなか難しい像ですが、集中力も上がって良い方向で仕上がってきています!

本日は最近伸び盛りの1浪生三名です。

T.Fさん
2018_IMG_5134.jpg
動きをもう少しピリっと強くしたいですが、描写や空間の魅力が郡を抜いて見えました!


Y.N君
2018_-8_16_IMG_5136.jpg
力強い量感と質感で存在感のあるデッサンです。頭部のねじれがもう少し欲しいです!


J.O君
2018_08_16_IMG_5135.jpg
終盤の仕事に課題がありましたが、自分のクセと良く格闘しながらまとめて来ましたね。
まだまだ油断しないように!


明日は構成課題!完成度を上げていきましょう!

●マスクと布とレンガ

粘土は、マスクと布とレンガの構成課題でした。
それぞれの関わり合いを見せるために、しっかり作りこんでいきたいですね。

秀作が何点か出たので紹介します。
まずはBクラスから。

M.Aさん
2018_08_16_IMG_5128.jpg
最初からペースを上げて作りこんでいました。マスクの印象にもう一歩迫りたかったです。

M.Tさん
2018_08_16_IMG_5132.jpg
3つをかっちり作ることで、塊の中にそれぞれの関係が見え始めました。布の柔らかさが出るといいですね。


続いてDクラスです。

A.Yくん(講習会生)
2018_08_16_IMG_5126.jpg
全体にしっかり手が入り、個々の質感が出せました。空間も取り込めていたので完成度高いですね!


明日からはいよいよ中期最後の課題です。
疲れているとは思いますが最後まで元気いっぱいがんばろー!いい作品を期待しています!!

2018年08月15日

●夜間 アバタ模刻

夜間二次対策は9hでアバタ模刻でした。
小さい中にいろんな彫刻的要素がつまっており、一筋縄ではいかないモチーフです。


T.Aさん
2018_08_15_IMG_5112.jpg
アバタの柔らかい印象をよく捉えています。自然さがあり良いですね!

T.Fさん
2018_08_15_IMG_5117.jpg
量が足りていない部分がありますが、印象良く進められていました。


講習会講師の廣崎さんがデモストをしてくれました!
2018_08_15_IMG_5120.jpg
短時間でもポイントをしっかり抑えられています。さすがです。


明日からは中期最後の課題です。みんな疲れも出てきているかと思いますが、頑張りましょう!

2018年08月14日

●Dクラスは組み石膏デッサン

Dクラスは馬頭・奴隷・コレーorアティカの組み石膏デッサンでした。
単体の石膏デッサンよりも空間や色調、関係性が大事になってきます。
ガツガツ形を描くというよりは丁寧に状況を見分けていくことが求められます。
高校生がどんどん力を付けてきていますね!

R.Tさん(昼間部現役生)
2018_08_14IMG_5109.jpg
逆光の中で丁寧に像の存在を捉えていますね。R.Tさんの中でもモチーフに対しての関わり方が変わった一枚だと思います。良いですね。

R.Iくん(講習会高校2年生)
2018_08_14IMG_5111.jpg
高校2年生ながら全体に対する配慮やバランス感覚など大人っぽい仕事をしています。この取り組み方は見習いたいですね。

S.Mさん
2018_08_14IMG_5110.jpg
仕上がらなかったS.Mさんですが、夏季に入り積極的に描き込んでいますね。惜しいところもありますが、強い絵になってきました。本来持つ調子の綺麗さが入ってくるとさらに良くなるでしょう。

●アヒル塑造!

今日のAクラスとCクラスはアヒルの塑造でした。
生命感を保ちながら粘土を動かし、末端の作り込みにも力を入れていきたいですね。
良い作品が多く出たので、紹介します。

まずはAクラスです。

Y.Kさん
2018_8_14_IMG_5097.jpg
完成度の高い秀作です。末端の作り込みも良いですね!

Y.Nくん
2018_08_14_IMG_5099.jpg
アヒルの動きの印象が、自然によく捉えられています。

Y.Sさん
2018_08_14_IMG_5104.jpg
実直な観察の積み重ねが、自然な形態を生み出してきました。

T.Sくん(現役夜間部生)
2018_8_14_IMG_5094.jpg
顔の印象はもう一歩似せたかったですが、柔らかく粘土が扱えています。

M.Kくん(現役講習会生)
2018_08_14_IMG_5100.jpg
口を開いている難しいポーズを自然に表現してきました。足はもう一歩!

次にCクラスです。

H.Tくん
2018_08_14_IMG_5101.jpg
いつもやり過ぎになりがちな作者ですが今回はポージングも粘土付けも大人な仕事でした。みんなを引っ張ってね!!

最後に小野先生のデモンストレーションです。

2018_08_14_IMG_5103.jpg
大きすぎてアヒルノサウルスになっちゃってます。
迫力があって目立ってました、けど良い子はマネしちゃダメだよ。
細部の作り込みは参考にしてください。
学生のみんな、講師に負けるな!

2018年08月11日

●Dクラスはアヒルの塑造

Dクラスはアヒルの塑造でした。
バランスや組み立てなど勉強になるモチーフです。
動物は再構成をすることが大事になりますので、ただ写すのではなく骨格を意識して組み立てていきましょう。

Y.Yさん
2018_08_11IMG_5084.jpg
モチーフのアヒルのポーズや癖をよく観察し、丁寧に追いかけています。
自然さが出てきて良いですね。