メイン

2017年09月26日

●2017全国公開実技コンクール!&講演会!

いよいよ公開コンクールが1ヶ月後に迫ってきました!

今年のみなさんのデッサンのレベルはどれくらいでしょうか?
すでに多数の申込があり、今年も激戦が期待されます。
東京芸大の入試まで残り4ヶ月の時期。今の自分の実力がどうなのか?
合格に導くよい機会にしてください!!!


10月28日(土)10月29日(日)の2日間で全国公開実技コンクールを行います。
課題は「石膏デッサン」(木炭/木炭紙大)です。
毎年東京芸大受験者数に対し6割くらいの人が受けにきます。
芸大受験まで4ヶ月のこの時期に、自分の課題を確認するには絶好の機会となります。
奮ってご参加ください!
20170327IMGP5406.jpg
(東京芸術大学合格者作品)

そして2日目の10月29日(日)講評後13:30から彫刻家 土屋仁応氏による特別講演会があります。
保存修復の技術を使い、動物や架空の動物を主に制作する彫刻家の公演をお楽しみください。
17chokokukouen.jpg
(講演会は2017彫刻科公開コンクールの受講者に限り聴くことが出来ます)


無料宿泊・申し込みを希望の方はまずは学院までお電話ください。

03−3971−1641どばた受付まで!
                           彫刻科教員室

2017年08月05日

●明後日から中期が始まります。

前期お疲れさまでした。

そして明後日から中期が始まります。
彫刻総合コースはクラスによって塑造から始まるクラスもありますので、デッサン道具と塑造道具の両方を準備してきてください。

なお、中期は全科とも一番人数が多く、朝は画材あ〜るが大変混み合いますので、ちょっと早めに登校して準備しましょう。
※画材あ〜るは4号館ホールに移転しました。確認も含め早めに来ましょう!

さぁ良い夏にしましょう!!!

2017年07月23日

●いよいよ明日から前期が始まります!

明日から前期が始まります。
彫刻総合コースはクラスによって塑造から始まるクラスもありますので、明日はデッサン道具と塑造道具の両方を準備してきてください。

なお、朝は画材あ〜るが大変混み合いますので、ちょっと早めに登校して準備しましょう。
※なお画材あ〜るは4号館ホールに移転しましたのでご注意ください。
良い夏にしましょう!!!

2017年06月28日

●東京芸大入試課題変更に伴う、夏季講習会のカリキュラム変更

東京藝術大学の入試課題が変更になりましたので、夏季講習会のカリキュラムをいくつか変更
することにいたしました。
既に申し込みをされている方もいらっしゃいますが
ご理解のほどよろしくお願いします。(こちらから個別にご連絡いたします)

東京藝大の変更内容の課題内容や課題時間がまだはっきりとしておりませんが、現段階で対応できる範囲で「彫刻1」の課題を想定しカリキュラムに盛り込みました。
入試課題の参考になれば幸いです。

※なお、課題内容・評価基準が明確になっておりませんので、今年度につきましては「彫刻1」の課題に関する秀作の公開(WEBアップ)はいたしませんのでご理解ください。

17kaki3-chokoku-rev.jpg

2017年06月03日

●今年もやります。塑造体験してみよう!!!受付あと5日!!!

塑造体験してみようの受付があと5日です!!!
塑造してみたい方!是非参加ください!

水粘土による制作体験と、質疑応答、個別面談を行います。
興味のある方は、奮ってご参加ください。
高校生、社会人の方、保護者の方、高校の先生など、受験に関わる方にオススメです。

実施日時
2017年6月11日(日)9:30ー16:30
実技内容
塑造[動物・石膏像模刻・手・果物より選択](水粘土)
※お申込時に選択してください。
対象
高校生、高卒生、保護者、他(本学院生も受講可能です。)
持参物
作業着もしくは汚れてもいい服装(道具は貸し出します)
* ただし、自分のものを持っている人は道具をご持参ください。
申込方法(定員になり次第締切ります。早めにお申し込みください。)
申込用紙に必要事項を記入の上、下記のいずれかの方法でお申し込みください。

◎インターネット: 下記の詳細のリンクからお申込みください。
◎ FAX: 申込書をFAXで送信 FAX: 03-3971-3238
◎ 窓口: 申込書を直接、事務受付に提出。
申込期限
実施日の3日前 (6/ 8)17:30まで
※前日および当日受付はいたしません。

特典
この体験入学を受講した方は、2017年度夏季講習会を受講申込する場合、申込料(5,000円)が全額免除されます。
また、入学の際、入学金の免除特典(20,000円)を受けることができます。
会場
本学院内(教室は当日、本館入口前に掲示します。)

お申し込み・詳細は
こちら

sozotaiken1706_1.jpg

sozotaiken1706_2.jpg

2017年05月27日

●彫刻論その3

実技の後、三上、荒木、阿部3人の講師の彫刻論をしました。

どばただけでは普段講師がどんな考えで彫刻と向き合っているかわかりませんよね。
それを少しでも知ってもらい、これから自分が目指す彫刻の糸口になればと思います。

IMG_2017_5_27_0081.jpg
アンバランスを熱っぽく語る秀造講師

IMG_2017_5_27_0082.jpg
ドローイングだけで造った豚の塑造でキッカケをつかんだ三上講師 良いエピソードでしたね!!

IMG_2017_5_27_0087.jpg
頭を抱え込んでしまった講師阿部

今月はレクチャーを含め沢山の事を聞いた日々でしたね。自分の中で少し整理が必要だと思います。そうやって自分の彫刻感を育んでください。
お疲れさまでした〜

2017年05月17日

●動物クロッキーレクチャー2日目!

昨日に続き動物の粘土クロッキーです。
昨日しっかり重心や骨格、プロポーションに着目して行いましたので、今日はさらに時間を短縮して、大きく粘土を動かす感覚を身につけてもらいました。

まずは主任の西島の粘土クロッキーです。
2017_05_17IMG_9866.jpg

ソフトボールの筋肉痛が1日置いて出てくる中、20分程度で大きく粘土のやり取りをします。
2017_05_17IMG_9917.jpg

ここからは学生作品。
午前中は40分、午後は35分でクロッキーしました。
2017_05_17IMG_9892.jpg
2017_05_17IMG_9896.jpg
2017_05_17IMG_9898.jpg
2017_05_17IMG_9900.jpg
2017_05_17IMG_9934.jpg

後半は全体レベルも上がってきて、それぞれ何かつかめてきたようです。
課題としてはこれで終わりですが、引き続きチャンスを見つけては粘土クロッキーはしていきましょう。

明日は動物レクチャーです。
明日も楽しみですね!

2017年05月16日

●動物クロッキーレクチャー

今日は動物を短時間で素早く捉える、粘土でのクロッキーレクチャーでした。
ポイントを解説した後、鳥ちゃん達を床に放して、それぞれの歩き方の特徴を
みんなで観察しました。
2017_05_16IMG_9762.jpg

モチーフ台の上に乗っている時とは違い、みんなのびのび動き回ってくれました。


2017_05_16IMG_9766.jpg

2017_05_16IMG_9777.jpg
観察の後は、講師小野がデモンストレーションをしました。


約1時間の仕事です。
2017_05_16IMG_9791.jpg

2017_05_16IMG_9803.jpg

動物クロッキーは明日も続きます。
筋肉痛に負けずにがんばろう!

2017年04月20日

●今日もレクチャー

今日も石膏デッサンのレクチャーでした。
昨日の描き出しのレクチャーにプラスして、簡単なパースと水平垂直の考え方を中心にしたレクチャーを行いました。

2017_04_20IMG_9396.jpg

2017_04_20IMG_9399.jpg

2017_04_20IMG_9406.jpg
実際の石膏デッサンからも捉え方を学びました。

今後の制作に生かしていきましょう!

2017年04月05日

●彫刻科を去る二名からご挨拶

この3月で講師の冨田佳菜子、島原遥の二名が彫刻科を去ります。
二名から挨拶を頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どばたで関わった全ての皆さんへ

この度冨田は、すいどーばた彫刻科の講師メンバーから抜けることになりました。
自分は大学生でありながらも、デッサンや塑像を教える立場として、気づけば6年間もどばたでお世話になっていました。
この6年はたくさんの出会いがあり、別れがあり、学びがありました。
ここでの経験で、私自身がとても成長出来たと思っています。
講師の方々、生徒たち、教務さんや事務の方々、全ての方に感謝しています。

皆さんのそれぞれの道でのご活躍をお祈りしています。
私も頑張ります!

本当にありがとうございました。

冨田 佳菜子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どばちょうの皆様

一年間、ありがとうございました。
昼間部講師としてはたったの一年間でしたが、皆さんの成長を見ながら、また自分も成長できたと思っています。
私が大学を卒業するために、すいどーばたの講師をやめることを内心とても寂しく思っています。
後ろ髪を引かれる思いです。ホントです。

さて!
進学の決まった皆さんは、おめでとうございました。そうでない人も、一年間おつかれさまでした。
どんな人にもまた次の一年があると思います。
私にもあります。
とにかく良く生きてください。
そして自分が愛せる作品を作ってくださいね。

ではまた、どこかで!


島原 遥