メイン

2018年01月01日

●2018年 明けましておめでとうございます!

新年、明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。
入試まで全力でがんばりましょう!
みなさんにとって実りのある一年でありますように!

4日からは冬季講習会の後期「東京芸大模擬試験」が行われます。
参加者は9:00集合厳守です!
しっかり準備して試験に臨んでください。
今回は初の出題「彫刻1」があります。楽しみですね!
芸大入試に出来るだけ近い形をとりますので、部屋の入退出のやり方や試験官のセリフなどもほぼ入試同様になります。採点や合格発表、学科試験も本番さながらです。
現役生にとっては特に良い経験となるでしょう。

180101_0523.jpg
(画像は2017年の秋山登山、甲斐駒ヶ岳からの御来光です。今年の秋山も晴れますように!)

2017年12月25日

●彫刻科芸大模擬試験 締切間近!と持ち物の確認です。 

クリスマスも過ぎ、今年も大詰めとなりました。
いよいよ新年年明けの東京芸大模擬試験が近づいてきました。

模擬試験ですので、モチーフや座席の関係上、当日の申し込みができません。
締切は中期最終日の12/30となります。受験希望の方はお早めにお申し込みください。

毎年、東京芸大の合格者の過半数を占めるすいどーばた美術学院の模擬試験です。
特に今年は「彫刻1」が試験に加わりますので、講評ではそのことについても考え方をしっかりお伝えしてまいります。
例年に増してこの模擬試験の意義が強くなってきます。
センター試験の勉強ももちろん大事ですが、ここでの経験もとても重要となります。
しっかりと準備して挑んでください。

彫刻1の用具はこれまでの素描と異なりますので注意してください。

持ち物:
『一次試験』
[素描] 木炭素描に必要な用具一式、カルトン、下敷き用紙、定着液
(試験用紙 イーゼルは用意してあります)
『二次試験』
[彫刻1] 筆記用具、クロッキー帳、カッター、ハサミ、30cm定規、ペンチ、接着剤(スチロール、紙、木などが接着できるもの)
(その他の必要な用具は用意してあります)
[彫刻] 彫刻制作に必要なヘラなど用具一式、塑造板、アングル
(その他の必要な用具は用意してあります)

 

お問い合わせはすいどーばた美術学院まで。
03-3971-1641

 
詳細は下記リンクより
http://suidobata.ac.jp/traningsession/seminarw-chokoku

17tokimogi-chokoku.jpg

17tokimogi2-chokoku.jpg

2017年11月13日

●2017冬季講習会と芸大模擬試験、入試直前講座のご案内

彫刻科教員室よりお知らせです。
11月に入りました。いよいよ冬季講習会までひと月になりました。
入試に向けて試験時間に合わせた対策、準備を始める時期です。
今年は芸大の入試が変更になり「彫刻1」が新たに加わりました。
彫刻総合コース、夜間芸大二次対策コースでそれぞれ対策をします。
出題内容がまだわからないので幅広い対応が必要になります。出来るだけ多く制作したいので是非両方の受講してください。

すいどーばたの講習会では彫刻科の指導スタッフが毎日、複数来て指導に当たります。また、さまざまなモチーフに集中的に取り組むことも出来ます。
そんな充実した環境ですので、前期、中期はともに昼6時間、夜3時間のコースを組み合わせて受講することで、非常に効果的に実力を伸ばすことができます。
後期は芸大模擬試験で総合力のチェック。
模擬試験は一次試験(デッサン)・二次試験(彫刻1・塑造)・学科試験(英・国)となります。
彫刻1をどのように採点するのか、是非参考にしてください。
(一次試験不合格者に実技指導が入ります。合格に向けてレベルを上げてください。)


20171111-IMGP0436.jpg

17toki3-chokoku.jpg

詳細は↓↓↓↓↓↓↓
こちらの冬季講習会専用ページで!


冬季講習後は、すぐに入試直前講座が始まります。
高校の自由登校日に合わせて受講日を選択してください。

冬季講習後すぐの1/9からのCA1コース
センター試験明けの1/15からのCB1コース
翌週1/22からのCC1コース
そして多くの高校が自由登校になる時期の1/29からのCD1コースです。
また、愛知・金沢・広島・沖縄など公立対策のコースは週毎の申込でCE1〜CE7になります。
上のCA1〜CD1の前後にCE7を付け足す形でも受講可能です。
また、どのコースも1日延長システムがあります。
各コースの「前」「後」に1日単位で受講をプラスできます。1日でも早い受講をお勧めしますので、週単位の日程と合わない場合は、その週の前に来れる日から延長してください。

18nyuchoku03-choukoku.jpg

詳細は↓↓↓↓↓↓↓
こちらの入試直前講座専用ページで!

2017年11月01日

●模刻デモスト&レクチャー

今日はマグロクラスで模刻のデモストを行いました。
講師の西島・足立・篠塚(夜間部講師)の3名が作り出しの2時間ちょっとを見せました。
31日には金太郎クラスで阿部・三上・小野(マグロクラス講師)の3名が同じくデモストをしています。
クラスをまたいで両方見学可能だったので、6名の講師のデモストを見ることが可能だったので、それぞれの作っていく過程や確認方法が見えて参考になったのではないでしょうか。
特に30~40代の講師は久しぶりな模刻でしたが、若い講師とは少し違ったアプローチも見えたのではないでしょうか。
2017_11_01IMG_2305.jpg

2017_11_01IMG_2292.jpg

なので今日は2点ご紹介します。

2時間ちょっとの西島講師の作品
2017_11_01IMG_2308.jpg

同じく足立講師の作品
2017_11_01IMG_2318.jpg

まだまだ模刻力を付けていく必要があるので、今回のデモストを参考に自分の模刻スタイルを確立してください!

2017年09月26日

●2017全国公開実技コンクール!&講演会!

いよいよ公開コンクールが1ヶ月後に迫ってきました!

今年のみなさんのデッサンのレベルはどれくらいでしょうか?
すでに多数の申込があり、今年も激戦が期待されます。
東京芸大の入試まで残り4ヶ月の時期。今の自分の実力がどうなのか?
合格に導くよい機会にしてください!!!


10月28日(土)10月29日(日)の2日間で全国公開実技コンクールを行います。
課題は「石膏デッサン」(木炭/木炭紙大)です。
毎年東京芸大受験者数に対し6割くらいの人が受けにきます。
芸大受験まで4ヶ月のこの時期に、自分の課題を確認するには絶好の機会となります。
奮ってご参加ください!
20170327IMGP5406.jpg
(東京芸術大学合格者作品)

そして2日目の10月29日(日)講評後13:30から彫刻家 土屋仁応氏による特別講演会があります。
保存修復の技術を使い、動物や架空の動物を主に制作する彫刻家の公演をお楽しみください。
17chokokukouen.jpg
(講演会は2017彫刻科公開コンクールの受講者に限り聴くことが出来ます)


無料宿泊・申し込みを希望の方はまずは学院までお電話ください。

03−3971−1641どばた受付まで!
                           彫刻科教員室

2017年08月05日

●明後日から中期が始まります。

前期お疲れさまでした。

そして明後日から中期が始まります。
彫刻総合コースはクラスによって塑造から始まるクラスもありますので、デッサン道具と塑造道具の両方を準備してきてください。

なお、中期は全科とも一番人数が多く、朝は画材あ〜るが大変混み合いますので、ちょっと早めに登校して準備しましょう。
※画材あ〜るは4号館ホールに移転しました。確認も含め早めに来ましょう!

さぁ良い夏にしましょう!!!

2017年07月23日

●いよいよ明日から前期が始まります!

明日から前期が始まります。
彫刻総合コースはクラスによって塑造から始まるクラスもありますので、明日はデッサン道具と塑造道具の両方を準備してきてください。

なお、朝は画材あ〜るが大変混み合いますので、ちょっと早めに登校して準備しましょう。
※なお画材あ〜るは4号館ホールに移転しましたのでご注意ください。
良い夏にしましょう!!!

2017年06月28日

●東京芸大入試課題変更に伴う、夏季講習会のカリキュラム変更

東京藝術大学の入試課題が変更になりましたので、夏季講習会のカリキュラムをいくつか変更
することにいたしました。
既に申し込みをされている方もいらっしゃいますが
ご理解のほどよろしくお願いします。(こちらから個別にご連絡いたします)

東京藝大の変更内容の課題内容や課題時間がまだはっきりとしておりませんが、現段階で対応できる範囲で「彫刻1」の課題を想定しカリキュラムに盛り込みました。
入試課題の参考になれば幸いです。

※なお、課題内容・評価基準が明確になっておりませんので、今年度につきましては「彫刻1」の課題に関する秀作の公開(WEBアップ)はいたしませんのでご理解ください。

17kaki3-chokoku-rev.jpg

2017年06月03日

●今年もやります。塑造体験してみよう!!!受付あと5日!!!

塑造体験してみようの受付があと5日です!!!
塑造してみたい方!是非参加ください!

水粘土による制作体験と、質疑応答、個別面談を行います。
興味のある方は、奮ってご参加ください。
高校生、社会人の方、保護者の方、高校の先生など、受験に関わる方にオススメです。

実施日時
2017年6月11日(日)9:30ー16:30
実技内容
塑造[動物・石膏像模刻・手・果物より選択](水粘土)
※お申込時に選択してください。
対象
高校生、高卒生、保護者、他(本学院生も受講可能です。)
持参物
作業着もしくは汚れてもいい服装(道具は貸し出します)
* ただし、自分のものを持っている人は道具をご持参ください。
申込方法(定員になり次第締切ります。早めにお申し込みください。)
申込用紙に必要事項を記入の上、下記のいずれかの方法でお申し込みください。

◎インターネット: 下記の詳細のリンクからお申込みください。
◎ FAX: 申込書をFAXで送信 FAX: 03-3971-3238
◎ 窓口: 申込書を直接、事務受付に提出。
申込期限
実施日の3日前 (6/ 8)17:30まで
※前日および当日受付はいたしません。

特典
この体験入学を受講した方は、2017年度夏季講習会を受講申込する場合、申込料(5,000円)が全額免除されます。
また、入学の際、入学金の免除特典(20,000円)を受けることができます。
会場
本学院内(教室は当日、本館入口前に掲示します。)

お申し込み・詳細は
こちら

sozotaiken1706_1.jpg

sozotaiken1706_2.jpg

2017年05月27日

●彫刻論その3

実技の後、三上、荒木、阿部3人の講師の彫刻論をしました。

どばただけでは普段講師がどんな考えで彫刻と向き合っているかわかりませんよね。
それを少しでも知ってもらい、これから自分が目指す彫刻の糸口になればと思います。

IMG_2017_5_27_0081.jpg
アンバランスを熱っぽく語る秀造講師

IMG_2017_5_27_0082.jpg
ドローイングだけで造った豚の塑造でキッカケをつかんだ三上講師 良いエピソードでしたね!!

IMG_2017_5_27_0087.jpg
頭を抱え込んでしまった講師阿部

今月はレクチャーを含め沢山の事を聞いた日々でしたね。自分の中で少し整理が必要だと思います。そうやって自分の彫刻感を育んでください。
お疲れさまでした〜