« 教員展示情報 | メイン | 石膏解説 »

2022年11月16日

●リポン 延長&自主課題

リポンクラスから自主的に取り組んだデッサンを2点紹介します。

M.Oさん
2022_11_11_IMG_0335.jpg
こちらは授業時間外でコツコツ仕上げたデッサンです。
M.Oさんの魅力はそのままに、構造面や形の抵抗感を強化することができました。
実力者でも、じっくりと時間をかけることで新しい発見がありますね。

M.Hさん
2022_11_11_IMG_0338.jpg
こちらは先日の課題に延長して取り組みました。
講評の時点でもコレーへの粘り強い描写が目を引きました。
その時点では少し抜けの悪かった空間へのアプローチを加えて
一段上の仕上がりになりましたね。

2022年09月27日

●メディチ模刻

延長して取り組んだ塑造を1点紹介します。

M.Sさん
2022_09_24_IMG_9605.jpg

少し模刻に対して苦手意識がありましたが、完全に克服しましたね。
印象が良く、密度も上げられました。

模刻は掴めるまでは苦しいですが、一度掴んでしまえばそこから下がることはありません。
今回学んだこと、気づいたことをしっかり定着させてください!
 
 
 
この時期に、授業時間外で徹底的に研究するのはとても良いと思います。
苦手を克服したり、武器を磨いたり、自分に必要なことに取り組んでみてください〜

2022年03月12日

●自主練アバタ模刻

東京芸大の最終発表待ちのこの時間、春めいた暖かさの中、広いアトリエはいつになくがらんとしているどばちょうです。
地方の国公立入試を控えた学生数名と、気持ちを切り替え自主的に制作しに来ている学生数名がゆったりとしたペースで自分の課題と向き合っています。

ニコニコ21クラス
H.Sさん
2022_03_12_IMG_7681.JPG

やや後頭部の量が足りない印象はあるものの、難しいアバタのフェイスラインを的確な面で押さえ作り込みの緩急も適切で良い模刻だと思います。個人の模刻力を大きく更新する有意義な時間を過ごせましたね。

2022年02月03日

●ハピネス ラオコーン

ハピネスクラスからラオコーン のデッサンを紹介します!

R.Iさん
2022_02_03_IMG_7042.jpg
かなりつっこんだ仕事が出来ていますね!
質感のリアリティが高まってきていますね。
めちゃくちゃかっこいいです!

M.Tさん
2022_02_03_IMG_7044.jpg
こちらもめちゃくちゃかっこいい!
時間とともに情報量がどんどん増えていました。
この調子でのびのびいきましょう〜!


それから
延長して取り組んだデッサンも〜

M.Sさん
2022_02_03_IMG_7046.jpg
炭の柔らかさや絵としてのイメージの明快さに魅力のある作者。
モチーフの印象を掴みきれないことが課題でしたが、時間をかけてじりじりと精度が上がってきました!


私大の試験や国公立の出願もあり、緊張感が高まってきましたね〜
体調には十分気をつけて、残り1ヶ月走り切りましょう。

2021年10月29日

●ブルータス 粘った一枚!

2021_10_28_6138.JPG
S.Iさん ニコニコ21クラス
延長戦頑張りましたね。
問題点は早いうちに即解消!すごくいいフットワークです。
明るい奥へ抜けてゆく空間を形をボカさずに描写し、すぐそこまで迫っているのになかなかピタッと合わなかった顔の印象をミリ単位の仕事でにじり寄って合わせて来た貫禄あるブルータス。
最高です!
表現力豊かな作者はいつも魅力的な画面を描きますが、時に色味の整理が難しくややノイズの多い混乱した画面になることがありました。ブルータスの大きな構造、動き、量感をスッキリと捉えられていて、なおかつ「構造見れれば事足れり」とするようなデッサンには決して醸し出せない、場の臨場感や光への強い感受性を併せ持っています。
大きな山一つ超えた感じだね。おつかれさん!

2021年10月26日

●自主課題 友人塑造

ハピネスから追加で自主課題で取り組んだ友人塑造です。

T.Mくん
2021_10_26_IMG_6098.jpg
友人の佇まいを活かしながら、形に強さのある塑造になりましたね!
何より楽しく取り組めたんだろうなあということが
作品から伝わってくるのが良いと思います。

寒くなって試験が近づいてくると、不安になることもありますが
楽しみながら実力を上げていけると良いですね!
どんどんチャレンジしてください〜

2020年02月22日

●夜間での自主練

自主練で良いのが出ました!
R.Iさんのジョルジョ模刻
2020_02_22_IMG_0723.jpg
制作時間は5.5hです。短時間ですがしっかり作れてます!

2019年09月06日

●二学期が始まりました!!

やらなきゃいけないのに、先へ先へと延ばしてしまう事ってありますよね〜

どば彫のミロビの全身像は長年の使用と自重に耐えられず、立脚側(ちゃんと重さがかかっているのですね)の台座が崩壊していました。
いつかは直さねばと思っていたのですが(本当です!)日常の忙しさを理由に腰が上がりませんでした。

そこへ救世主K.Sくんの登場です!! 彼は二学期からミロビの全身像を模刻する予定でした。
だがしかしボロボロの台座、像の傾きも怪しいという事で、まずは台座の修復を試みました!!

木枠を作り直し、底板をワンオフで制作〜
2019_09_06_IMG_0779.jpg
サクサクと最後の仕上げ中です。

そして二日間の格闘の末、完成しました。
2019_09_06_IMG_0783.jpg
出来上がりがこれです!バ〜ン!!この後はコーヒーや紅茶を使って色味調整を施しますよ。

流石K.Sくん実技以外のWebアップは珍しいですね。ありがとう〜

全身模刻頑張れ!!!

2019年03月08日

●時間外で自主練

今日で芸大の試験も終わりました。お疲れ様です。

県芸を受験する学生は最後まで気を緩まずやりきってください。

今日は自主課題でメヂチを模刻したK.Uくん(現役夜間部生)の作品を紹介したいと思います。
2019_03_08_IMG_8131.jpg
狂いがまだ残る場面はありますが、かなり突っ込んだ仕事ができたのではないでしょうか。
気合を感じます。

2017年02月09日

●10日後、『塑造体験してみよう』

お知らせです。

いよいよ10日後になりました。
興味がある方は、この機会にぜひご参加ください!


2/19(日)に水粘土に触れて立体制作をしてみる体験
『塑造体験してみよう』を行います!

昨年開催したところ好評だったので今年も開催します!
そして今年は「動物」もモチーフに加わります!

水粘土が始めての人、塑造経験があり更にレベルアップを目指す人、興味があるある人、受験について詳しく知りたい人、などなど立体に興味がある人たちは是非ご参加ください。
日本一の芸大合格実績を誇るすいどーばたの彫刻スタッフが、ひとり一人に合わせて丁寧に指導します。
また素朴な疑問・質問にもお答えする時間も設けます。
まずは、「水粘土に触ってみてください」手を通してダイレクトに形になっていく、一番プリミティブな表現をお楽しみください!
当日は、制作の他、希望者には個別面談、映像を使っての説明で、彫刻や受験の現状もお伝えします。
課題は経験に合わせて「石膏像模刻」「手を造る」「野菜や果物を造る」「動物」から選択できます。(申込時に選択、動物は何が来るか決まったらお知らせします)
制作時間も当日に3時間と5時間を選べます。(経験者はヘラをお持ちください)
塑造経験があり、更にレベルアップを目指す人は「石膏模刻」か「手を造る」か「動物」を、初心者は「野菜や果物を造る」か「手を造る」か「動物」を選択してください。
みなさま奮ってご参加ください!
スタッフ一同、お待ちしております。

申込は下の画像をプリントして申込書をFAXするか、すいどーばたの窓口にお越しください。

こちらのフォーム
からも申し込みできます。


1702119_sozoutaiken_01_1.jpg


1702119_sozoutaiken_02_1.jpg