« その他 | メイン | コンクール »

2017年10月29日

●2017年全国公開実技コンクール

今年も彫刻科全国公開実技コンクールが行われました。

どばたの学生だけでなく、地方からもたくさん学生の集まってくる全国公開実技コンクール!
今年は参加者131名が集いました。昨年の芸大受験者が215名なのでちょうど6割くらいの学生が集まったことになります。これだけの彫刻志望の学生が集まる事はなかなか無い事なので、緊張した学生もいたと思います。
この経験をしっかりと今後に生かし受験に向かっていってほしいと思います!!

今回の公開コンクールの上位作品10点をGalleryページにて公開しています。各講師の総評もインタビューページに掲載していますので、是非皆さんチェックしてください。
(トップページメニューバーの「インタビュー」「Gallery」から見ることが出来ます)


2017_10_28IMG_2011.jpg
採点中の様子

2017_10_29IMG_3035.jpg
講評中

2017_10_29IMG_2103.jpg
上位者には表彰状と粗品が贈呈されました。


2017_10_29IMG_2132.jpg
午後からは彫刻家の土屋仁応氏をお招きして、自身の浪人時代のお話から彫刻家としてのリアルな生活のお話まで、スライドを用いてわかりやすくお話して頂きました。
普段はなかなか聞けないお話で、とても貴重な体験になりましたね!

2017_10_29IMG_2188.jpg
土屋仁応さん、本当にありがとうございました!

2017年09月26日

●2017全国公開実技コンクール!&講演会!

いよいよ公開コンクールが1ヶ月後に迫ってきました!

今年のみなさんのデッサンのレベルはどれくらいでしょうか?
すでに多数の申込があり、今年も激戦が期待されます。
東京芸大の入試まで残り4ヶ月の時期。今の自分の実力がどうなのか?
合格に導くよい機会にしてください!!!


10月28日(土)10月29日(日)の2日間で全国公開実技コンクールを行います。
課題は「石膏デッサン」(木炭/木炭紙大)です。
毎年東京芸大受験者数に対し6割くらいの人が受けにきます。
芸大受験まで4ヶ月のこの時期に、自分の課題を確認するには絶好の機会となります。
奮ってご参加ください!
20170327IMGP5406.jpg
(東京芸術大学合格者作品)

そして2日目の10月29日(日)講評後13:30から彫刻家 土屋仁応氏による特別講演会があります。
保存修復の技術を使い、動物や架空の動物を主に制作する彫刻家の公演をお楽しみください。
17chokokukouen.jpg
(講演会は2017彫刻科公開コンクールの受講者に限り聴くことが出来ます)


無料宿泊・申し込みを希望の方はまずは学院までお電話ください。

03−3971−1641どばた受付まで!
                           彫刻科教員室

2017年09月14日

●彫刻科研修旅行!中之条ビエンナーレ2017に行ってきました!

芸術の秋!彫刻科昼間部では、中之条ビエンナーレ2017を見に行ってきました。
一泊二日のバスツアーでたっぷり芸術鑑賞を楽しみつつ、バーベキューや夜のイベントもあり教員と学生の親睦を深めました。
講師の西島雄志と小川寛之(作家名は齊藤寛之)、元講師の西澤利高、基礎科講師の小林正樹、元彫刻科助手の元木孝美の作品が出品されていて、普段とは違う一面が見えたのではないでしょうか。
予報よりも天候も回復し、楽しく過ごすことができました。

IMG_1559.JPG
小川先生の作品と一緒に集合写真!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓続きを見る↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む "彫刻科研修旅行!中之条ビエンナーレ2017に行ってきました!"
2017年08月11日

●ガワレース!

講師と生徒のガチ対決、講習会恒例のガワレースが行われました!
今回はセントジョセフ、6時間デッサンです。
勢いのある(?)1浪生達、フレッシュ大学生講師も加わり、総勢十数名による対決になりました!

1位 S.Hさん
2017_1245.jpg
少し色が飛びましたが逆光の中の表情をしっかり拾っています、密度のある内容で目立っていました!
ボディの面性をもう少し大事に出来ると良かったかな。

2位が2名 
N講師
2017_1246.jpg
明快な質感があり、空間と面性の強い作品です。

O講師
2017_1247.jpg
スケール感ありますし、丁寧なんですけど、勝てません。

以下は残念ながら…割愛します。

6時間制作に慣れていないのか、気持ちの空回りなのか、全体にはあまり良いレベルの対決ではなかったです!
気合いが入った時にも弱点は出ます!いい経験になりましたね。
それも実力ですから、日頃からもっと緊張感、危機感を持って課題に取り組んでください!
まだ中盤ですので更に精度を上げていきましょ!

2017年06月17日

●2017自由制作展

今日は今週制作してきた自由制作の設置と講評でした。

2017_06_17_IMG_0645.jpg


2017_06_17_IMG_0631.jpg


2017_06_17_IMG_0596.jpg


2017_06_17_IMG_0595.jpg


作者それぞれの作品への考えが聞ける良い機会でしたね。

展示は明日6/18(日)の16時30分までです。
お近くにお越しの際は、是非ご高覧ください。

2017年06月16日

●自由制作 最終日!

今日は制作最終日です。
大詰めですね〜

完成度とディティールの関係は大切です。作品によっては細かい仕事が不可欠な場合と、そうではなく荒々しいほうが良い場合があります。そのあたりをよく見極めて仕上げの仕事に取り組んでください。

ということで、作品に寄って撮影してみました。

そしていつもより多くUPしています。

2017_06_16_IMG_0545.jpg

2017_06_16_IMG_0557.jpg

2017_06_16_IMG_0546.jpg

2017_06_16_IMG_0552.jpg

2017_06_16_IMG_0544.jpg

2017_06_16_IMG_0549.jpg

2017_06_16_IMG_0547.jpg

2017_06_16_IMG_0554.jpg

2017_06_16_IMG_0565.jpg

2017_06_16_IMG_0553.jpg

2017_06_16_IMG_0556.jpg

2017_06_16_IMG_0548.jpg

2017_06_16_IMG_0560.jpg

2017_06_16_IMG_0559.jpg

2017_06_16_IMG_0551.jpg

明日全貌が見られます。
楽しみです!!

2017年06月14日

●自由制作 3日目!

自由制作期間の折り返しです。
全体像が見えてきているもの、型取りが始まっているもの、素材と交わりながら進んでいくこの過程も楽しみの1つです。

今年もいます、自刻像全身!
2017_0517.jpg

自分よりも大きい作品!
2017_0516.jpg

型取り始まりました。
2017_0435.jpg

2017_0531.jpg

こちらは石膏をモデリングして生まれた作品。
2017_0392.jpg

アゴが長い人?
2017_0443.jpg

女子らしい作品が出来そうですね。
2017_0415.jpg

植物も素材の1つ?
2017_0535.jpg

あと残り2日間で間に合うか!頑張れ!
2017_0542.jpg

展示楽しみにしています!

2017年06月13日

●夜間部も自由制作!

夜間部も自由制作制作が始まりました!
今年も石彫や木彫などのハードな素材に挑戦しているマッチョな学生がいます。
時間は限られてますがどんな作品になるのか楽しみですね!

2017_0490.jpg

2017_0479.jpg

2017_0481.jpg

2017_0463.jpg

面白い展示になるといいですね!

2017年06月11日

●塑造体験をしてみよう! 2017

今日は、塑造の無料体験の日でした。
初心者の方、これから受験生の方、他科の方、それぞれ粘土に触れて有意義な時間を過ごしました。
動物、果物、手、石膏像などを5時間程かけて制作しました。

2017_0265.jpg

2017_0255.jpg

2017_0264.jpg

2017_0285.jpg

作品はこちら。
2017_0294.jpg

2017_0302.jpg

2017_0303.jpg

2017_0307.jpg

2017_0308.jpg

皆さん良く集中してましたね、お疲れ様でした!

2017年06月05日

●小野海講師によるデッサンレクチャー

今日は彫刻科の講師、小野先生のデッサンレクチャーです。
学生の質問に受け答えながら解説しつつデモンストレーションをしてくれました。

2017_0215.jpg

常に全体感を気にしてはポイントを増やしていきます。
ゆっくり進んでいくのですが的確です。
15_0213.jpg

調子も入れて量感や印象を出していきます。
ここまでじっくり30分です、やっぱり最初が大事!
30_0218.jpg

画面に前後関係が出てきました。
印象が近づいてきているので、手が入っていない所も見えてきそうです。
45_0221.jpg

下面や側面がしっかり作れています。これによって軸や構造が意識出来ますね。
1h_0222.jpg

開始から2時間です。
ぼんやりした状態から徐々にピントが合いました。
このレベルまで出来ると描き出しは一安心ですね。
2h_0227.jpg

少しおまけです。講師小野がどばたの学生時代に衝撃を受け、デッサンに対する意識が変わるきっかけになったデッサンを紹介します。
舟越保武が描いたダミアン神父という彫刻のデッサンです。等身で描かれていますが、紙にのっている木炭はそんなにたっぷりというわけではありません、なのにこの圧倒的スケール感、厚み、空間!タッチなんてなくてもきれいに調子をとらえればしっかり形になります。がっつりアウトラインが見えますが全く平面的ではなく、実際に触れそうです。木炭をのせていない肩や足にもしっかり量を感じます。とにかくめっちゃ参考になると思います!!

%E3%82%BF%E3%82%99%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%B30def884d61ff105b1308ec96c460f78c.jpg