メイン

2019年03月14日

●2019春季講習会のお知らせ

春季講習会が近づいてきました!
彫刻を始めたいと思っている人・彫刻を体験してみたい人・そして新たな気持ちで課題に取り組む人・大作に挑みたい人。
それぞれの人に対応した課題をご用意しております。
講習会中は彫刻科専門の指導スタッフが毎日、複数来て指導に当たります。また、さまざまなモチーフに取り組むことが出来ます。

2019_03_02IMG_7973.jpg
(2019年度 東京芸術大学合格者作品)

彫刻総合コース
このコースは夜間部や彫刻基礎科、昼間部に在籍していた学生や、これまで彫刻の勉強をしてきた学外生向けのコースとなります。また受験を考えている初心者の方も用具の使い方から、基本的な制作の取り組み方まで指導いたしますので、こちらのコースがおすすめです。
基本的なことをチェックしながら今年一年の目標を設定するのによいコースです。浪人生にも対応する実践的なモチーフも用意しております。

彫刻総合選択コース
彫刻総合コースを1課題(2日間)ごとに選択して受講できるコースです。
10日間の受講が難しい方や、すいどーばたの彫刻科を一度体験してみたいと思っている方に適した自由度の高いコースです。

彫刻基礎コース
用具の使い方から、基本的な制作の取り組み方まで、初心者や経験の浅い方々に向けたコースです。おもに、高校1・2年生の対象コースです。また受験をすぐには考えていない初心者の方もこちらのコースがおすすめです。
彫刻の楽しさを体験してください。

20190307-3Y0A0192.jpg
(2019年度 東京芸術大学合格者作品)

彫刻表現コース
経験者を対象にしたコースです。個々が目的を持ちモチーフや課題期間も決めて制作します。
そろそろ手がウズウズして来た学生も多いことでしょう。是非思い切った制作をしてください。期間を通して一つの作品を作ることも可能です。
毎年このコース受講者から芸大合格者が出ています。

2019_syunkidorei.jpg
(2019年度 東京芸術大学合格者が一昨年の春季講習会で制作した作品)

!!!!!!緊急企画!!!!!!
ここにご紹介した作品の作者は、春季講習会中に塑造の合格者再現をしてくれます!
詳細は後日またお知らせします。
現在3/30と3/31で調整中です。彫刻1と塑造の両方を制作していただく予定です。
お楽しみに!

季節は春です!身も心も整えて、
気持ちよく新年度をスタートしましょう!

2019年01月07日

●冬季講習会後期

残念ながら模試の1次試験不合格となってしまった人の中からも合格者に負けない良い内容の作品が出てきました。

課題は自刻像、4点紹介します。


現役生、夜間部
2019_01_07_IMG_7229.jpg


2019_01_07_IMG_7230.jpg


2018_01_07_IMG_7234.jpg


現役生、夜間部
2019_01_07_IMG_7236.jpg

2019年01月01日

●2019年 明けましておめでとうございます!

新年、明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。
入試まで全力でがんばりましょう!
みなさんにとって実りのある一年でありますように!

4日からいよいよ冬季講習会の後期「東京芸大模擬試験」が行われます。
今年はどばた以外からの参加も多く、過去最高の受験者数です。
参加者は9:00集合厳守です!
しっかり準備して試験に臨んでください。
芸大入試に出来るだけ近い形をとりますので本番さながらです。
現役生にとっては特に良い経験となるでしょう。

_170906_0235.jpg
(画像は2017年の秋山登山、甲斐駒ヶ岳からの御来光です。今年の秋山は晴れますように!)

2018年12月30日

●奴隷デッサン!!

Bクラスです。
今年最後のデッサンですね、気持ち良くスケール感とねじれの動きが出せたでしょうか?
本日は5点紹介します。

A.Tさん(夜間部現役生)
2018_12_30IMG_7180.jpg
色幅がしっかり出せましたね、描写も質感に迫っています。
よく頑張りました!

M.Nさん
2018_12_30IMG_7182.jpg
初動が良かったのでそのまま持ってきた感じです。
先入観のない素直な見方、よいですよー!

Y.Kくん(夜間部現役生)
2018_12_30IMG_7183.jpg
量感が柔らかい炭でつかめましたね、描写の気遣いもさまになってきました。
いろいろ吸収して日々上達しています!


D.I君
2018_12_30IMG_7184.jpg
動きの強さがしっかりと出ています。
ようやくカッコいい絵作りが出来ましたね!


M.Tさん
2018_12_30IMG_7192.jpg
丁寧な形のつながりとパリッとした描写でフィニッシュできました!
色調もよくバランスとれてます、自分の絵が見えてきでしょうか。
今後が楽しみです!


来年早々に冬季講習会の後期がはじまります。
模擬試験ですので、これまでの集大成をぶつけてやりましょう!
良い結果が出る事を講師一同祈っています!

それでは皆さん、今年はよく頑張りましたね、お疲れ様でした!
良いお年をー!

2018年12月28日

●マルスとパイナップル その3

Cクラスからもマルスとパイナップルのデッサンの紹介です。


T.Fさん

2018_12_28_IMG_7131.jpg

逆光の光や空間がきれいですね。


S.Mくん

2018_12_28_IMG_7130.jpg

視点、形が明快で強いデッサンですね。

2018年12月25日

●Cクラス ガッタメラータデッサン

Cクラスからもガッタメラータのデッサンの紹介です。


Y.Kさん

2018_12_25_IMG_7086.jpg

ガッタメラータの印象を外さず、6時間の中でも突っ込んだ描写が出来ていますね。

2018年11月29日

●2018冬季講習会と芸大模擬試験、入試直前講座のご案内

彫刻科教員室よりお知らせです。
11月も終盤になりました。いよいよ冬季講習会まで半月になりました。
入試に向けて試験時間に合わせた対策、準備を始める時期です。
昨年芸大の入試が変更になり「彫刻1」が新たに加わりました。
彫刻総合コース、夜間芸大二次対策コースでそれぞれ対策をします。
「彫刻1」はまだ一回しか試験が行われていないので、出題内容の振れ幅が読み切れない状態です。なので幅広い対応が必要になります。出来るだけ多く制作したいので是非両方の受講してください。

すいどーばたの講習会では彫刻科の指導スタッフが毎日、複数来て指導に当たります。また、さまざまなモチーフに集中的に取り組むことも出来ます。
そんな充実した環境ですので、前期、中期はともに昼6時間、夜3時間のコースを組み合わせて受講することで、非常に効果的に実力を伸ばすことができます。
後期は芸大模擬試験で総合力のチェック。
模擬試験は一次試験(デッサン)・二次試験(彫刻1・塑造)・学科試験(英・国)となります。
彫刻1をどのように採点するのか、是非参考にしてください。
(一次試験不合格者に実技指導が入ります。合格に向けてレベルを上げてください。)


2018h1.jpg

2018toki.jpg


詳細は↓↓↓↓↓↓↓
こちらの冬季講習会専用ページで!


冬季講習後は、すぐに入試直前講座が始まります。
高校の自由登校日に合わせて受講日を選択してください。

冬季講習後すぐの1/8からのCA1コース
センター試験明けの1/21からのCA2コース
翌週1/28からのCA3コース
そして多くの高校が自由登校になる時期の2/1からのCA4コース
翌月曜日の2/4からのCA5コースです。
私大入試が終わって2/11からのCB1コースと2/18からのCB2コースもあります。
また、愛知・金沢・広島・沖縄など公立対策のコースは上記コース受講者に限り無料にて3/7からのCC1コースとしてご用意しております。
(彫刻科は1日延長システムをご用意しておりませんのでご注意ください。)

2018nyuchoku.jpg


詳細は↓↓↓↓↓↓↓
こちらの入試直前講座専用ページで!

2018年08月15日

●夜間 アバタ模刻

夜間二次対策は9hでアバタ模刻でした。
小さい中にいろんな彫刻的要素がつまっており、一筋縄ではいかないモチーフです。


T.Aさん
2018_08_15_IMG_5112.jpg
アバタの柔らかい印象をよく捉えています。自然さがあり良いですね!

T.Fさん
2018_08_15_IMG_5117.jpg
量が足りていない部分がありますが、印象良く進められていました。


講習会講師の廣崎さんがデモストをしてくれました!
2018_08_15_IMG_5120.jpg
短時間でもポイントをしっかり抑えられています。さすがです。


明日からは中期最後の課題です。みんな疲れも出てきているかと思いますが、頑張りましょう!

2018年08月14日

●Dクラスは組み石膏デッサン

Dクラスは馬頭・奴隷・コレーorアティカの組み石膏デッサンでした。
単体の石膏デッサンよりも空間や色調、関係性が大事になってきます。
ガツガツ形を描くというよりは丁寧に状況を見分けていくことが求められます。
高校生がどんどん力を付けてきていますね!

R.Tさん(昼間部現役生)
2018_08_14IMG_5109.jpg
逆光の中で丁寧に像の存在を捉えていますね。R.Tさんの中でもモチーフに対しての関わり方が変わった一枚だと思います。良いですね。

R.Iくん(講習会高校2年生)
2018_08_14IMG_5111.jpg
高校2年生ながら全体に対する配慮やバランス感覚など大人っぽい仕事をしています。この取り組み方は見習いたいですね。

S.Mさん
2018_08_14IMG_5110.jpg
仕上がらなかったS.Mさんですが、夏季に入り積極的に描き込んでいますね。惜しいところもありますが、強い絵になってきました。本来持つ調子の綺麗さが入ってくるとさらに良くなるでしょう。

●アヒル塑造!

今日のAクラスとCクラスはアヒルの塑造でした。
生命感を保ちながら粘土を動かし、末端の作り込みにも力を入れていきたいですね。
良い作品が多く出たので、紹介します。

まずはAクラスです。

Y.Kさん
2018_8_14_IMG_5097.jpg
完成度の高い秀作です。末端の作り込みも良いですね!

Y.Nくん
2018_08_14_IMG_5099.jpg
アヒルの動きの印象が、自然によく捉えられています。

Y.Sさん
2018_08_14_IMG_5104.jpg
実直な観察の積み重ねが、自然な形態を生み出してきました。

T.Sくん(現役夜間部生)
2018_8_14_IMG_5094.jpg
顔の印象はもう一歩似せたかったですが、柔らかく粘土が扱えています。

M.Kくん(現役講習会生)
2018_08_14_IMG_5100.jpg
口を開いている難しいポーズを自然に表現してきました。足はもう一歩!

次にCクラスです。

H.Tくん
2018_08_14_IMG_5101.jpg
いつもやり過ぎになりがちな作者ですが今回はポージングも粘土付けも大人な仕事でした。みんなを引っ張ってね!!

最後に小野先生のデモンストレーションです。

2018_08_14_IMG_5103.jpg
大きすぎてアヒルノサウルスになっちゃってます。
迫力があって目立ってました、けど良い子はマネしちゃダメだよ。
細部の作り込みは参考にしてください。
学生のみんな、講師に負けるな!